うつ病ねこの足跡

うつ病ニートの病状記録

ニートねこ、燃やす

おたまとボウルを燃やしてしまいました。

トイレに行くついでに、シチューを温めようと思ったのです。トイレから出たら、なんだかバチバチ音がします。しまった!シチューが焦げてしまう!と、このときの私は思っていました。

急いでキッチンへ目線を動かします。不思議です。電気をつけていないのに何故か明るいのです。鍋に入れたままにしていたおたま、そのそばにあったボウルが、それぞれ燃えていました。炎はじわじわとそれらを溶かしていきます(ボウルもおたまも素材はプラスッチックのようでした)。思考が一瞬止まりました。

急いでまだ燃えていない部分をつかみ、シンクに移しました。これで他のものに燃え移るのを防げるはずですし、消火活動も楽になります。

シンクに移してから、よくテレビで観るようにタオルでバンバンして消す方がいいのか、そのまま水をかける方がいいのか少し悩みました。

その結果、じわじわと水責めしました(少しパニックになっていたようです)。

最終的には水道水をぶっかけ、消火しました。無残な姿になったおたまとボウルが残りました。もう、これでは使えません。代わりのものが必要でしょう。そういう風なことを保護人に報告しました(怪我がないか訊かれました。いい人です)。

 

それから、私は一旦シチューを温めるのをやめて家事に取り掛かりました。天気が悪いですが洗濯物を干し、シンクにたまったお皿を洗いました(この時期は水が冷たい)。

家事を済ませてから、今度はじっと鍋を見つめながらシチューを温めます。時折、やけに短くなってしまったおたまでシチューをかき混ぜてやります。

 

具沢山シチューにより体は温まりましたが、どっと疲れました。私がシチューを食べようなどと思わなければこの子達は燃えなかった……申し訳ないです。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村