うつ病ねこの足跡

うつ病ニートの病状記録

ふらつきねこと昨晩の出来事

朝起きて、立ち上がったらバランスを崩した。これはよくあることだ。だから、いつものように壁に手をついてバランスを取ろうと思ったのだが力が入らず、そのまま倒れた。その際、壁に後頭部を強かに打ちつけた。痛い。びっくりすることもなく、ぼんやりとしていた。むしろ、それを目撃した保護人の方がびっくりしていた。その後、立ち上がるとふらつくものの倒れることはなかった。すっかり食欲が落ちて、一日一食にしていた弊害だろうか。

 

昨晩は外でご飯を食べた。実に久々である。店員への対応、注文なんかはすべて任せたので、出されたご飯をただ食べるだけだったが。温かい、カップ麺以外の食事は久々だ。メニューを選べる、というのも久々だったし、温かい汁物を飲んだのも久々だった。そもそも飲食店に入ることが久々である。久々づくしだ。

今までひきこもってずっと横になっていたのである。無理もない。

帰りには駅の近くのショッピングモールへ足を運んだ。なんと、和菓子を買って帰ろうというのである。これもまた、久々だ。最近、お腹を満たす以外の食事は行っていなかったからだ。

様々なデザート店(ケーキ屋が多かった)が入っていた。お弁当屋は時間帯のせいか、半額にしているところをちらほら見かけた。

ショーケースを眺めながら歩いていたのだが、そこで目をやられた。

ひときわ白く輝くショーケース。そいつに目つぶし攻撃を食らった。耐えがたい眩しさである。ひきこもりだからだろうか、常人にはあれは眩しくないのだろうか、などと考えた。あまりに輝きが強く、目つぶしされたため、そこが何を売っているのかはわからなかった。

それから和菓子を買い、ついでにパジャマなどを見ることにした。だが、ニートにやさしくない値段だったので購入は見送った。

 

帰宅してから衝撃の事実を知ることになった。茶葉の賞味期限が切れていたのである。和菓子には温かいお茶。当然の組み合わせだ。

開封していないし、賞味期限が切れてから6か月くらいしか経ってないし、と取りあえず淹れて飲んでみることにした。

罰ゲームの味がした。

 

結局、和菓子の隣には水が置かれることとなった。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村