うつ病ねこの足跡

うつ病ニートの病状記録

オクスリの効果

ざっくり言ってしまうと、ルネスタは私には効かなかった。

処方された日の夜、私はさっそくルネスタを飲む準備をしていた。
お風呂を早めに済ませ、夕食後まずはパキシルを飲む。
パキシルは二週間ほど飲まないと効果は現れないと聞かされていたので、特に期待しなかった。
それよりも、待ちに待った眠剤である。
処方薬なのだから某市販薬のように全く効かないわけない、と思っていた。
眠れない人間(私はねこを名乗っているが)にとって、眠剤は救世主だ。
もう眠れない日々とはお別れだ!と薬を取り出した。
苦いと聞いていたので(アモバンよりは苦くないらしいけれど)、大量の水を用意する。
少量の水で口の中を湿らせてから、薬を放り込み大量に水を流し込んだ。そのせいか、全く味はしなかった。
いつもより少し早めにお布団に入り、目を閉じてその時を待つ。
一時間経過しても、二時間経過しても寝付けず、がっかりした。
しかし、そのあとの記憶はない。二時間経過後、ようやく眠れたらしい。
夢も見なかった。気づいたら朝だった。
ずっと悪夢にうなされていた私にとって、ルネスタの利点は夢を見ないことだけだった。
 
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村