うつ病ねこの足跡

うつ病ニートの病状記録

ねこ、旅立つ準備をする

荷造りをしていると、すぐにぎゅうぎゅうになって入らなくなる。 昔からものを減らすのが苦手だ。 何もない部屋に憧れたりもするけれど、私には難しい(ほぼ無理だろう)。 ものがなければ散らからないのになあ、と思う。

部屋は心の中を表しているというけれど、それじゃあ私の心の中はぐちゃぐちゃである(何もない部屋なら、心の中は空っぽなのだろうか)。特に、ベッド周辺にものが集まる。 枕元にノートPCを置いているし、ウォークマンも充電されながらベッドの上にいる。スマフォなんて、ベッドの上の代表だ。 ニートになる前は私をいつもアラームで起こしていたし(朝弱いのでスヌーズは当たり前だった)、ニートになってからは暇潰し道具と化した。

便利な世の中である。 私は便利なものが大好きだ。 ドラえもんの四次元ポケットさえあれば、何もかも入れてスッキリするのに。